ご近所のエゴポディウム(斑入りイワミツバ)にキアゲハの幼虫が大発生

ご近所のエゴポディウム(斑入りイワミツバ)にキアゲハの幼虫が大発生していたので写真を撮らせてもらいました。
もう9月なのでこれからどうするのだろうと調べたところ、
10月までに成虫になるか、蛹になって越冬(休眠蛹)するかだそうですが、
休眠蛹の場合、北海道の寒さにも耐えて越冬するそうです。

エゴポディウムは初夏にホワイトレースフラワーに似た白花を咲かせ、わが家も植えていますが、キアゲハの幼虫はみあたりませんでした。

※以下無視の画像が含まれます。苦手な方はご注意ください。

まずこの小さな黒い幼虫からスタートして

この大きな黄緑と黒の縞+オレンジのドット模様の幼虫になるそうです。

エゴポディウム(斑入りイワミツバ)をむしゃむしゃと手で抱えて食べる様子は少しかわいい気がします。

ですが、本当に食欲旺盛なので、葉を食べられたくない場合は遠くに移動させてあげるなどしたら良いと思います。
10匹以上いました。

お口直しに…バーベナに止まるモンシロチョウです…

にほんブログ村 花・園芸ブログ 北国のガーデニングへ